自分達を守るステップ


ロゴの製作をおこなっているところでは、商標調査サービスをしているところがあります。重要な意味を持ってくるため、サービスを展開しているかどうかがカギを握ってくるでしょう。

調査せっかく作ったロゴが、どこかの企業のものと類似していないかを調べるサービスといえば簡単でしょう。商標として登録されているときに、調査してかぶらないようにする意味があります。文字の商標に対してデザインを含んでいくことになりますが、印象を操作するという意味でも類似しているものを作る意味はありません。初めから印象を利用する目的であれば意味は出てきますが、これはマナー違反であるとともに、犯罪ともなる可能性が出てきます。それほど重要なものを作るのですから、理解していかなければいけないでしょう。せっかく作ったものが、商標登録できないといった事故も防げるようになります。

デザインの世界では、徹底して調べていかなければいけない要因です。盗作となってしまえば、大きな損害を生み出す要因となってしまうからです。企業としての信用度を下げないようにするためにも、やっていかなければいけないことになるでしょう。ロゴ作成業者「Biz-Up!」では、希望した場合に商標調査を行ってくれます。弁護士などの専門家に依頼をして業種の区分ごとに調査してもらう方法と、画像検索システムを使って簡易的に商標調査する方法と二通り用意されていました。

1つ目:専門家による調査報告
商標登録専門の弁理士に依頼して業種の区分ごとに調査する方法です。
こちらは、同業者が同じようなデザインを使っていないかどうか確認することができますので、
調査後はそのまま商標登録をすることも可能です。

2つ目:画像検索システム利用の簡易商標調査
「商標登録は考えていないが、似ているデザインがあるかどうか心配だな」というケースです。
業種に関係なく、特許庁に登録されているデザインを対象に簡易的ではありますが、画像検索をすることができます。似たデザインを探すことができますので広く確認しておきたい場合に大変便利です。

サービスを展開しているところを選ぶのは、自分たちを守るステップになると考えるべきです。サービス内容や料金によっては各業者によって異なってきますので、より良いサービスを見つけられるようにしっかりと調べるようにしましょう。

ue reading »',

将来の禍根となる


ロゴの作成は、簡単なことではありません。単純に構成しながらも、企業理念を盛り込み、認識性を高めていくのは、プロの仕事としても、難しいことです。実際に多くの企業が製作をおこなっていますが、どこでも質が高く、確実に理念を盛り込んだロゴにできるとは限りません。質の高いロゴを仕上げるのは、それだけ至難の業といっていいでしょう。

商標調査さらに類似性の問題があります。東京オリンピックでもロゴデザイン等でもめることがありましたが、類似しているというのは、大きな問題を抱えます。似ている相手がいるというだけでも、影響を与えることになるからです。

ロゴにはイメージがついてきます。似ている相手がいれば、そのイメージも吸収してしまうようになるでしょう。ポジティブなものであればまだしも、自社にとってネガティブなものになってしまえば、大きな問題が出てしまいます。こちらのイメージも相手についてしまうことになるでしょう。法律的に訴えられるケースもあるのですから、似ているというだけでも大きな問題となってしまいます。商標調査サービスを持っているかどうかが重要になるのは、短期的な部分だけではありません。将来的にも大きな損害につながっていくからです。

ue reading »',

ロゴと商標調査


企業として考えた時に、ロゴがあるかどうかは大きな違いが出てきます。メリットがあるからこそ、多くの企業が作っているのは間違いありません。このロゴを見れば、どこの企業だか一目でわかるように認識されるように作成しているのが重要です。つまり、他に真似されては困るものであるといってもいいでしょう。

ロゴロゴの目的として、認識してもらう必要性があげられます。視覚的な判断で、企業名を読まなくても企業を思い浮かべてもらえるぐらい、浸透していく必要があるでしょう。多くの人に覚えてもらえるだけではなく、好意的に判断してもらうためにもロゴが大切です。イメージ戦略にもなっていきますが、それだけの効果をあげられるからこそ、オリジナルのロゴにこだわります。

名刺にも使っていくのは、イメージを固定できるからです。名前が浮かばなくても、ロゴが浮かんでくるようになれば、これは成功といっていいでしょう。印象をつけられるようになることに、さまざまなメリットを生み出していきます。だからこそ、類似していては困ってしまいます。これは、新たに作る側だけではなく、真似された方にとっても被害を与えるようになるでしょう。業者に委託する場合には、十分な注意をしてもらうとともに、商標調査サービスがあるかどうかも確認していかなければいけません。大きな被害を出してからでは間に合わなくなるのですから、商標調査サービスがあるかどうかを判断基準のひとつにしてみるといいでしょう。

ue reading »',